安全で的確に伐採する方法とは
安全に自分で作業をするための方法
実際に伐採作業をする前に確認する
庭木があることのメリットを知る

安全のために環境を整えたり安全対策をしたりしましょう。

伐採方法を参考にして作業する前に~注意点を押さえておこう~

作業員

自分で庭木の伐採をする場合はいくつか注意点があります。安全に作業をするためにもポイントをおさえておきましょう。

安全対策をしておこう

服装を整えておく
作業を安全かつスムーズに行なうには、適切な格好をする必要があります。なるべく肌の露出を避けることが重要です。袖や裾がしっかりとしまる作業服や安全靴、防振手袋を着用することによって快適に作業を進めることができるでしょう。
リスクアセスメントを行なう
伐採作業を行なう前に、現場において潜在する危険性や有害性を特定して、それらを低減したり除去したりする手順をリスクアセスメントといいます。安全に作業をするためには欠かせないもので、作業中に怪我をしたり事故を起こしたりすることを防げるのです。
作業スペース
樹木が倒れる方向を計算して、十分に作業ができるスペースを確保することが大切です。しっかりと環境を整えておくことで、急なトラブルを回避することができます。作業スペースが狭かったり、木が倒れる方向を計算せずに場所をとってしまったりすると、安全に作業を行なうことは難しくなるでしょう。

実際に起きたトラブル

伐採作業はトラブルが発生しやすく、怪我や事故が後を絶たないのです。重機や道具を使って作業をするため、正しい方法を身に付けることが重要になります。実際に、チェーンソーのキックバック現象によって怪我をする人は多いことから、使用する際は知識を身に付けておきましょう。重機以外にも、樹木の倒れる方向を誤ってしまい、家の屋根や近隣住宅を傷付けてしまった事例もあります。小さな庭木なら大きなトラブルが起こることはありませんが、太い木や高い木の伐採をする時は業者に任せるようにしましょう。



TOPボタン