安全で的確に伐採する方法とは
安全に自分で作業をするための方法
実際に伐採作業をする前に確認する
庭木があることのメリットを知る

自分で庭木の伐採をする際は身の安全を確保しましょう。

自分でできる伐採方法とは

伐採

庭木がまだ小さかったり、すぐにでも撤去したかったりする場合、自分で伐採を行なう人もいるでしょう。ここでは自分で作業をする際のポイントを紹介していきます。

自分で庭木を伐採する方法とは

作業を行なう際にチェーンソーを選ぶ人は多いです。効率良く作業を進められて、手間をかけずに切り倒せるからです。しかし、チェーンソーは「キックバック」といった現象が起こることもあり、初心者には扱いづらい機械でもあります。操作に慣れていないと怪我をする可能性があるため、小さな庭木ならノコギリを使って作業をしましょう。チェーンソーよりも手間がかかってしまいますが、大きな事故や怪我を防ぐことができます。安全第一で伐採作業をすることが重要です。

伐採方法のコツ

庭木を倒す方向を決めておく

庭木の伐採で重要なのが倒す方向です。適当に切り倒してしまうと、自分だけではなく周囲にも影響を及ぼしてしまいます。予め倒したい方向にロープを引っ張っておくとリスクを減らすことができます。

切りこむところを刻む

細くて持ち運べる程度の大きさなら、自分なりの方法で切っても問題はありませんが、ある程度の太さで高さがある場合は、安全のために切り口を刻んでおくと良いでしょう。受け口や追い口を作ることで安全に切り倒すことができます。

伐採した庭木の処分方法

簡単に引っこ抜けて、腰丈くらいの庭木なら燃えるゴミと一緒に処分しましょう。そのままゴミ袋に入れるのではなく、なるべく小さくするために切断していきます。作業を行なう際は、軍手を使って怪我をしないように対策をしましょう。



TOPボタン